採用情報先輩社員の一日

宮浦 圭一Keiichi Miyaura
CS課 主任 2011年入社

ある一日のタイムスケジュール

  1. 7:45出社
    メールのチェックと当日の予定の確認。今日もコピー機の定期メンテナンスや修理の依頼が7~8件入っています。
  2. 8:15朝礼
    販売促進委員会の委員長として、今月の取り組みについての説明や報奨金の授与などを行います。
  3. 8:30ロールプレイング
    ロールプレイングの運営も販売促進委員会の担当。もちろん私も営業役を演じたり、他の人の演技に意見を述べるなど積極的に参加します。
  4. 9:30定期訪問・コピー機のメンテナンス業務
    当社で提供したコピー機を使っていただいているお客様に、毎月〜3カ月に1回程度の間隔で訪問。定期メンテナンスやカウンター計測を行います。作業のかたわら職場の様子を観察し、メンテナンス後の報告の際に気づいた点を伝えたり、改善提案を行ったりします。
    定期訪問・コピー機のメンテナンス業務
  5. 12:00昼食
    休憩時間の終わり頃、業務課から電話があり、お客様がコピー機が故障したので修理に来てほしいとのこと。午後の予定を調整して修理に向かうことにします。
  6. 13:00コピー機の修理
    修理の依頼には30分以内に駆けつけるのがカスタマーサポート課のモットー。自分が行けないときは他のスタッフと連絡を取り合い、できるだけ早く対応するよう心がけています。
    コピー機の修理
  7. 17:00帰社
    外回りの業務を終えて帰社。メールをチェックし日報に入力。販売促進委員のメンバーとの打合せを済ませて本日の業務は終了です。
  8. 19:30退社
    同僚から飲みに誘われたけど、今日はまっすぐ帰って家族サービスです。
    退社

お客様に寄り添う気持ちと
チームワークが大切。

カスタマーサポート課は、コピー機の定期メンテナンスや修理が主な業務ですが、それだけではありません。お客様のパートナーとして、お客様がまだ気づいていない業務上の課題を発見し、解決策の提案に繋げることが重要です。営業担当よりも、お客様を訪問する機会が多いこともあり、提案のきっかけをいち早くキャッチすることができます。ですから、機械に向き合うだけでなく、お客様の業務内容や職場環境に細かく目を配る心遣いと、営業的なセンスも必要です。

三城は、ミスやトラブルが起きたとき、その場にいる人間がパッと集まって、即座にアイディアを出し合い役割分担して対処できる空気感があります。上司と部下の関係や部署の垣根を越えて、一つのことに集中できる、そんなチームワークの良さは三城の大きな魅力だと思います。

先輩社員の1日

Inquiry
お問い合わせ
  • TEL011-271-9311
  • FAX011-271-9327
〒060-0052 札幌市中央区南2条東3丁目10番地 三城ビル
ページの先頭へ戻る